2015/04/27

【無料オンライン講座に注目!】英語で学ぶ英国文化、IELTS対策etc… 英国発の「MOOCs(大規模公開オンライン講座)」をご紹介。

こんにちは。広報・マーケティング部のHです。
GWが間近に迫っていますが、皆さまの予定はいかがでしょうか?

今日は皆さまにMOOCs(大規模公開オンライン講座)についてお話したいと思います。

MOOCs(Massive Open Online Courses)は、オンライン上で公開されている講座のこと。インターネットさえつながれば、どこでも気軽に学習に取り組めることから、学生はもちろん社会人や主婦など、世界中の様々な年代の人々に利用されはじめています。

英国では、通信制大学のオープン・ユニバーシティにより「FutureLearn」が誕生し、ビジネス、アート、スポーツ、サイエンスなど、多岐にわたるコースを開講。幅広いジャンルの授業を提供する背景には、英国をはじめとする世界の主要大学だけでなく、BBC(英国放送協会)、大英博物館など教育文化機関との提携があり、ブリティッシュ・カウンシルもまたそのひとつです。

FutureLearn」の最大の魅力は、無料で、利用者のライフスタイルに合わせた受講が可能であること。1週間のうちにいつでも好きな時間に受講することができます。

そこで今回は学校や仕事で忙しい皆さまに、当機関が携わる3つのコースをご紹介します。

英国文化を英語で学ぶコースや、IELTS(アイエルツ)対策コースは、高校生程度(CEFR:B1)の英語の語学力があれば、どなたでも受講いただけます。また英語をはじめとする言語の教育者・教育者を目指す方を対象とした、言語学習や教育についてのコースも。詳細は、下記をご覧ください。



開始日:2015年5月11日(月)
授業時間:2時間×6週間
対象:高校生程度(CEFR:B1)のレベル以上の英語力をお持ちの方。
内容:
英語運用能力評価試験「IELTS」における、リーディング、ライティング、スピーキング、リスニングの対策を行います。
・IELTSの4つのパートの特徴を理解する。
・試験結果が、どのように評価されるかを理解する。
・他の学習者から、ライティング・スピーキングを評価してもらう。






開始日:2015年6月22日(月)
授業時間:2時間×6週間
対象:高校生程度(CEFR:B1)のレベル以上の英語力をお持ちの方。
内容:
毎週異なるトピックのショートビデオを視聴することで、英語はもちろん、環境、ビジネス、文学などの英国文化に触れることができます。英語学習を行う方、英国文化に興味のある方におすすめのコースです。
開講は今回で3回目。初回開講時に世界から10万人が登録した大人気のコースの再々アンコール開講です。
※本コースは、2014年9月、2015年2月に開講されたコースと同じものです。





授業時間:3時間×4週間 
対象:英語をはじめとする言語教育に携わる方、言語教育者を目指す方。
内容:
母国語以外の言語を学ぶことの意味を問い、より良い言語学習の在り方を考察します。
・第2言語を学ぶ意味、言語そのものを学ぶ意味を探求。
・教室での教育が、私たちにどのような影響を与えるのかを考察。
・教育現場におけるテクノロジーに注目し、言語学習にどのようなメリットがあるのかを考える。
・世界でもっとも学習者と教育者の多い言語、英語にフォーカスする。
※本コースは2015年4月20日(月)からスタートしていますが、途中からの受講も可能です。



FutureLearn」については、朝日新聞GLOBE(2014年11月2日付)で紹介いただきました。(※ オンラインでご覧になるには有料登録が必要です。)


関連リンク
MOOCsの日本語ページ

0 件のコメント:

コメントを投稿