2015/01/29

初めて会う方によく聞かれる質問

皆さん、こんにちは。広報・マーケティング部のJです。

初めてお目にかかる方によく聞かれること。

それは「ブリカンさんって、何人くらい、いらっしゃるんですか? やはりイギリスの方が多いんですか?」という質問です。

ということで今日は当機関の職員についてご紹介したいと思います。


このブログを書いている2015年1月現在、日本の職員数は83人、うち36人がネイティブの英語講師です。

当機関は、平等性・多様性・受容性(Equality, Diversity and Inclusion)を重要視しており、この取り組みは人事採用でも反映されています。
現在、日本オフィスでは、英国、日本に限らず、アメリカ、カナダ、オーストラリア出身の職員も勤務しています。英語講師も英国人だけではありません。女性の登用にも積極的で、女性も多く活躍しています。
(ちなみに日本人スタッフは、東京都以外では、なぜか広島県出身が多いです。)

昨年末、英国創立80周年を記念して、各国オフィスの日常風景を撮影する社内企画がありました。
日本では、多くの職員が参加できる日に、集合写真を撮影。職員には自分の仕事を表すアイテムを持ってくるように依頼しました。
その際の写真がこちら(↓)です。

©Kenichi Aikawa


計算機、名刺、スマートフォン、タブレット、広告イメージ、パンフレット、所蔵アートコレクションのモックアップ、英語クラスの教材、緊急時のトランシーバーなどなど、個性豊かな職員が様々なアイテムを持って集まりました。
オフィスの多様性が良く表現されたと思いますが、いかがですか?

担当分野はそれぞれ違いますが、職員一同、日英の文化の架け橋となるべく、日々業務に取り組んでいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿