2014/11/26

優秀な人材が就職難?  博士人材に必要なスキルとは?

皆さん、こんにちは。広報・マーケティング部のJです。
すっかり秋も深まってきて、オフィスの前の外堀通りの桜並木もすっかり色づいてきました。

さて、今日は高等教育についてのお話です。

研究者は就職が難しい?


大学を卒業して、さらに研究を深めるために大学院へ進まれ、修士号、博士号を修得される方がいます。しかし、その優秀な博士人材や研究者の就職が難しいと言われているのをご存知ですか?
一説によると、100人博士人材がいたら、16人が無職というデータもあるようです。

一方で、社会の構造変化に伴い、博士人材に対して新しいスキルも求められるようになっています。これまでは、博士号を取得したあとは、大学や産業界の研究開発で就職が一般的と思われていました。しかし、日本の文部科学省が、「専門分野の枠を超えて全体を俯瞰し社会的課題の解決に導く高度な人材は不可欠」とし、産・官・学にわたりグローバルに活躍するリーダーを養成するための「博士課程教育リーディングプログラム」事業を推進するなど、いまや博士人材は、様々な社会の分野で活躍することが求められる時代となっています。

英国の大学で採用されているスキルセットマッピング


この状況は、英国でも同様で、国を挙げてこの課題に取り組んできました。

2002年から2012年にかけては、全国の大学で研究者育成(トランスファラブルスキルトレーニング)の充実化が図られるよう、重点的な予算の配置も行われたのです。その中で、1968年以来続いてきた、大学や研究機関の研究者育成のためのプログラムを引継ぎ、2008年に非営利の全国的ネットワーク組織「Vitae」(「ヴィータエ」と発音)が発足しました。

Vitaeは、高等教育機関、研究機関の博士研究者や研究スタッフ、博士課程に在籍する大学院生の自己啓発、専門的能力開発およびキャリア開発の支援を目的に様々な活動を行っています。

そのVitaeが、世界中の100人以上の研究者を対象に行ったリサーチ、専門家らからの助言などに基づいて、21世紀の社会で研究者、博士人材として活躍するのに必要なスキルセットの定義づけを行いました。その結果、開発されたのが、世界トップクラスの研究者の育成を目指し、研究者の総合的な能力開発を目的としたフレームワーク「Researcher Development Framework(以下、RDF)」(下図)です。


RDFは有償サービスで、フレームワークを図としてわかりやすくまとめたものが上記のマッピング図。各項目には何をすべきかがそれぞれ系統化されており、導入のためのマニュアルも用意されています。

いまでは、英国の多くの大学で、博士人材・若手研究者育成の取組の基盤として用いられています。各大学では、能力開発を目指した研修機会をRDFで見直し、PDFに基づいて必要な研修を開発、さらに、取り組み全体をマッピングすることで、より包括的な研究者へのサポートの提供を目指しています。

優秀な研究者支援に向け、日本でも活用へ


日本でもこの課題への取り組みが進められています。

科学技術振興機構(JST)では、以前より若手研究者を支援するポータルサイトを運営していましたが、この度全面リニューアルし、イノベーション創出を担う研究人材のための能力開発及びキャリア支援ポータルサイト「JREC-IN Portal」が開設されました。

このリニューアルで新たに導入されたのが上記のRDFなのです。
サイト内で提供されているコンテンツがContents on Vitae RDFとしてマッピングされました。

さらに、筑波大学では、博士課程後期の学生に対するキャリア形成支援としてRDFが全学的に導入されています。

これからもこの課題について日英両国が情報を共有することで、優秀な人材がもっと活躍できる社会となると嬉しいですね。


参考:
天才プログラマー五十嵐悠紀のほのぼの研究生活 

0 件のコメント:

コメントを投稿